何故検査装置が必要なのか

シマテック > シマテック外観検査装置 > 何故検査装置が必要なのか

大量生産、高速生産の自動検査による品質向上。

人間の目で行う検査は(目視検査)は製品の大量生産、高速生産により、人手における作業では限界が御座います。また近年人材不足により人材の育成も難しくなり労働時間の(3直稼動)の制約等による作業時間の低下もあげられます。この為今後更に自動化による高精度な画像処理検査システムの開発が多種多様な市場に求められております。


①金属加工業種(自動車製造業等)
②食品製造/加工業
③電子部品製造業(スマートフォン等の半導体業界)
④ブラスチック樹脂加工業
⑤バイオ医療業
⑥紙、印刷業
⑦食品製造/加工業 等
kouzyou.jpg

品質管理の必然性

hinshitu2.jpg

製品の品質は、言うまでもなく「お客様に安心と安全を与えるものであり、企業の損失コストを抑えるもと」です。お客様の信頼を受ける事が企業にとっておおきな利益を生み出します。

たとえばお客様が、スーパーでリンゴを購入したとします。リンゴがおいしいのは当たり前とお客様は認識しています。お客さまは新鮮で安心を求めるため、表示ラベルを確認いたします。

その表示ラベルに正しい製品が明記されてないとします。お客様は間違ったラベルをみて安心して製品を購入されますでしょうか?リンゴは一例ですが、物流が盛んな現代の世の中、一歩上の製品をお客様は求めます。どんなに良い製品でも、信頼のない製品は売れません。

この背景にはグローバル化時代における世界的な「コスト競争力の激化」「技術革新」「短納期開発」などがあります。また、「信頼性」の対象範囲が、安全性、環境保全性、ハードウェア、ソフトウェア、サービスなど、あらゆるところに広がっていることもあります。特に、ソフトウェアはあらゆる製品に組み込まれており、社会基盤とも言われていますが、ソフトウェアの不具合に起因する事故やクレームも増加しています。

「信頼性」の本質であり、真髄は「未然防止」です。この未然防止は、源流段階から品質を造り込むことが、重要であります。その活動はなかなか成果としては認知しにくい、されにくいという面があります。経営トップは、(直接的には)成果の見えにくい品質・安全問題よりも、目に見える業績向上に力を注いでしまうケースもあります。「納期短縮」や「コスト低減」などの改善活動は成果が見えやすいものですが、重大な品質・安全性に関する問題が未然防止により回避されても、一般には当然のことと映り「未然防止の成果」としては認知しづらい、されづらいものなのです。でも「起こってから、次、起こらないようにする」のでは手遅れです。1件の重大な「品質・信頼性・安全性」問題は、企業の存続すら危うくする時代であることは様々な事象がそれを証明しています。


大きなコストがかかる品質管理



hinshitu2.jpg

上質な品質管理を通常行うには莫大な費用がかかる場合があります。特にその分野に関わる人件費の増大は企業にとっておおきな痛手になっているのも事実です。また製品の大量生産、高速生産の現代。人による目視検査には限界があります。しかし人間独自の非常に重要な感覚は機械では難しい場合もあります。

品質の重要性は【人+機械】があってからこそなし得ます。大きくかかる人件費をうまく利用する事が品質の重要なポイントです。

orwa

世の中には検査装置があふれてる?

ではウェブで【検査装置】と検索すると日本国内だけでも、多くの製品あり、

「どの製品を購入すれば良いのか。自分たちの製品がどの分野で、買ったは良いがメンテナンスが大変で維持できない。」とか・・・。

購入したい自動検査装置が自分たちの目指している物なのか、実際購入してからじゃないとわからないという言葉をよく聞きます。
kouzyou.jpg

シマテックの自動検査装置は何が違うのか。


>>>こちらをご覧ください。



NEWS

シマ・ロボシスについての
お問い合わせはこちら