画像処理LED照明のパイオニア「シマテック」

画像処理用LEDを知る

シマテック > 画像処理用LEDを知る

画像処理用LED照明器とは

画像処理用LED照明器とは

ひとくちに生産現場といっても、自動車メーカー様、半導体メーカー様、鉄鋼メーカー様、樹脂成型メーカー様、機械メーカー様、印刷メーカー様、食品メーカー様など多種多様。
その多くの生産現場において、画像処理は製品の品質安定化のために採用されています。

近年では製品の高品質化によってさらに精度の高い要求に対応できるよう、高精度な画像処理装置が誕生しております。 逆にいうと複雑な操作を必要とし、専門的な知識をもったオペレーターが在籍していないと、高度な検査はできません。

画像処理用LED照明器とは

また、高度な照明技術が求められる様な場合は、専門的な知識が必要になります。しかし実際にその要望に応えられる照明メーカーは多くないのが現状です。

LED照明の中には、単波長で各種の波長域を持ち合わせた製品が数多くあります。 形状や指向角など、その種類だけでも1,000種類をはるかに超える製品が存在し、そのことが、画像処理の複雑化にも繋がっているのも事実です。

そうした中、弊社シマテック
画像処理用LED照明のパイオニアとして、
国内トップレベルの技術経験を自負しています。

画像処理用LED照明器とは

『複雑な照明は難しいから、明るくて、安いほうがいい』と思われているなら、『照明技術で画像処理を簡易化して、コントラストよく、コストパフォーマンスに優れた照明』を試してみてはいかがでしょうか?

どんなお悩みも一度ご相談ください。
独自の技術で解決へと導きます。

LEDは『明るさ(輝度)』『寿命』『反応速度』『省エネルギー』の面でたいへん優れています。

LEDの特徴と通常の画像処理用ライトとの違い

LEDライトは、通常の画像処理用ライト(ハロゲンランプ)と比べて、さまざまな面で優れています。
特筆すべきは、「明るさ(輝度)」と「長寿命」。LEDは高い輝度を保ちつつ、ハロゲンランプと比べて約10倍も長く使うことができます。さらに、スイッチングのオンオフ反応速度は1/1000ほどまで速くなっているうえ、消費電力も約1/5で済みます。
シマテックは、このようなLEDの優位性を十分に活かして画像処理用ライトを製造しております。

LEDだとなにが違うの?

明るさ(輝度)

LED照明器を長く使うためには、発熱をいかに抑えるかがポイントとなります。
シマテック製品には、長時間均一な照射が保てるよう、長い月日をかけて照度測定などの社内テストを実施。その結果を元に、適切な電流をかけられる設計を組んだうえで製造を行っております。

寿命

LED最大の特徴は、ハロゲンランプと比べて約10倍もの寿命をもっていること。
シマテック製品は、約30,000時間(※)も照射が可能です。また、メンテナンスが容易になるよう考慮して設計されているため、長く安心してお使いいただけます。
※購入時を輝度100%として、50%まで落ちたときを寿命として算出しています。

寿命

反応速度

LEDはスイッチング特性に優れており、オンオフの反応速度をハロゲンランプと比較するとおおよそ1/1000の速さを発揮します。そのため、ストロボ発光にも最適。また反応速度だけでなく、一つひとつのライティングを非常に明るく照射することも可能です。

反応速度

省エネルギー

LEDはランニングコストに優れており、省エネルギーで地球にやさしく発電することができます。
ハロゲンランプと比較すると、同じ明るさで点灯した場合でも約1/5の消費電力で点灯を続けることが可能です。

省エネルギー

画像処理照明器は弊社までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

042-729-8914