画像処理LED照明のパイオニア「シマテック」

規格

シマテック > 規格

画像処理用LED照明の光生物学的安全性評価について

2006年に国際電気委員会から、IEC 62471「ランプ及びランプシステムの光生物学的安全性に関する規格」が発行され、LED照明もこの規格の適用範囲に含まれました。IEC 62471は、光生物学的安全性評価のためのガイドラインで、皮膚や眼球に対する光の危険性を評価する際に使用される国際規格です。
光生物学的リスクについては、生物学的傷害の度合いに応じて4段階のリスク(危険度)に分類されます。
シマテックでは、画像処理用LED照明について以下の評価項目に対してリスクの分類を実施しております。(適用規格:IEC 62471 Edition 1.0 (2006))

光生物学的リスク
 
  • 1) 目に対する近紫外放射傷害
  • 2) 青色光による網膜傷害
  • 3) 小形光源の青色光による網膜障害
  • 4) 網膜の熱傷害
  • 5) 網膜の低可視光熱傷害
  • 6) 目の赤外放射傷害
  • 7) 皮膚の熱傷害
リスクの分類
  • 1) 免除グループ(危険度免除):何らの光生物学的傷害も起こさないもの
  • 2) リスクグループ1(低危険度):通常の行動への制約が必要になるような傷害を引き起こさないもの
  • 3) リスクグループ2(中危険度):嫌悪感及び熱的な不快感を伴う傷害を引き起こさないもの
  • 4) リスクグループ3(高危険度):一時的又は短時間の露光によっても傷害を引き起こすもの


REACHA規制について

弊社ではREACH規則の対応として、製品含有化学物質の把握・情報伝達のシステムを構築し、協力会社への管理や社内での自主管理を行っております。
個別製品のREACH規則のSVHC(高懸念物質)に指定された物質の使用と製品に関しましては、弊社までお問い合わせください。

EU RoHS2指令について

弊社ではEU RoHS2の規制に対しHP上に記載されているすべての製品に対し基準を満たしております。又新製品の開発時にも準拠した製品づくりを行ってまいります。

UL.CSA規格について

LED照明、延長ケーブル等は使用電源がDC24VMAXで規格(6.3.1項-a )の危険電圧以下で使用されるため、米国、カナダの安全規格の対象外と判断します。

KR認証制度について

弊社製品は、産業用途で使用されるため、韓国製品安全認証の範囲外と判断いたします。

CCC中国強制認証について

弊社製品にDC36Vを超える製品は御座いません。その為該当致しません。


電気安全法(PSE)について

直流電源装置

弊社のSシリーズ電源は直流電源装置です。電気用品安全法に適合しています。
該当品:S1CHシリーズ/S2CHシリーズ/S3CHシリーズ/S4CHシリーズ

画像処理照明器は弊社までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

042-729-8914