画像処理LED照明のパイオニア「シマテック」

MDシリーズ

シマテック > 旧製品 > MDシリーズ
wbstop.gif

マルチライティングシリーズ
シマテックが開発した万能リング照明MD

-特長-
樹脂内に内臓されたLEDが拡散樹脂を通し180°近い広範囲の照射が可能な構造となっています。これによりワークディスタンスが変化すると照射角度が変化し、画像処理に最適なコントラストを得ることが出来ます。
マルチライティングはシマテックの特許製品です。

◆標準タイプは乳白タイプの拡散板を装備
拡散率を高めワークに均一な照射が可能になっています。
◆UPタイプは半透明タイプの拡散板を装備
拡散率が低く、さらに高輝度な照射が可能になっています。

 

製品型式一覧/寸法 

標準タイプ UPタイプ 寸法  波長
 MD-42
 MD-42UP  外径φ42mm×内径φ16mm×高さ15mm  R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880)W(5500k) 
 MD-50  MD-50UP  外径φ50mm×内径φ16mm×高さ16mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k) 
 MD-55  MD-55UP  外径φ55mm×内径φ32mm×高さ15mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k) 
 MD-65  MD-65UP  外径φ65mm×内径φ32mm×高さ18mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k)  
 MD-80  MD-80UP  外径φ80mm×内径φ46mm×高さ18mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k)  
 MD-100  MD-100UP  外径φ100mm×内径φ60mm×高さ18mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k)  
 MD-120  MD-120UP  外径φ120mm×内径φ80mm×高さ20mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k)  
 MD-150  MD-150UP  外径φ150mm×内径φ90mm×高さ23mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k)  
 MD-200  MD-200UP  外径φ200mm×内径φ140mm×高さ22mm   R(660nm) RL(633nm) G(525nm) B(470nm) IR(880) W(5500k) 

PDF図面/DXF図面 *会員登録頂くと下記から各種図面がダウンロード可能になります。

標準タイプ型式  UPタイプ型式 PDF図面 DXF図面
MD-42  MD-42UP  PDF図面ダウンロード     DXF図面ダウンロード
MD-50   MD-50UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 
MD-55   MD-55UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 
MD-80   MD-80UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 
MD-100   MD-100UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 
MD-120   MD-120UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 
MD-150   MD-150UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 
MD-200   MD-200UP   PDF図面ダウンロード      DXF図面ダウンロード 

製品の特性

bunnkoutokusei.gif

マルチライティング特性1

広い照射範囲
180°近い照射範囲を持っている為、ワークへの移りこみが少なく、反射率の高いワークにも最適です。

 

bunnkoutokusei.gif

マルチライティング特性2

180°近い広範囲の照射が可能な構造となっています。これによりワークディスタンスが変化すると照射角度が変化し、画像処理に最適なコントラストを得ることが出来ます。

 

bunnkoutokusei.gif

シマテック製品の分光特性(基本波長特性)

一部の製品には当てはまらない場合も御座います。製品別でデーターが必要な場合は、弊社迄お問い合わせください。

 

hatyouhennka.gif

色(波長)選定のポイント

◆赤(633nm)の波長を照射すると赤色のワークカラーをキャンセルする事ができます。それによって赤色の背景に隠れた不良の視認性を上げる事ができ、画像処理に有利な画像となります。

hatyouhennka.gif


◆青(470nm)の波長を照射すると赤色のワークカラーをキャンセルする事ができます。それによって青色の背景に隠れた不良の視認性を上げる事ができ、画像処理に有利な画像となります。

hatyouhennka.gif


◆緑(525nm)の波長を照射すると赤色のワークカラーをキャンセルする事ができます。それによって緑色の背景に隠れた不良の視認性を上げる事ができ、画像処理に有利な画像となります。
 

無償デモ機貸し出し *下記のフォームよりお申し込みください。

画像処理照明器は弊社までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

042-729-8914